指輪

意外と知らない!結婚写真の失敗例

結婚指輪

人生で1番と言っても過言ではないイベントである結婚。結婚式の会場や衣装にはこだわるのに、写真には無頓着で失敗してしまう方が増えています。どんなに素晴らしい結婚式でも、後に残る結婚写真がイマイチだとがっかりしてしまいます。具体的にどんな失敗をしてしまうのか、例を見ていきましょう。
1、カメラマンとセンスが合わない。
カメラマンなんて誰でもいいと思っている方、全然違います!出来ることならば、前に撮った写真やアルバムを見せて貰い、写真の雰囲気を確認しておくことがベストです。
2、写真のアングルが気に入らない。
人生で一度の晴れ舞台、せっかくの結婚写真なので綺麗に写りたいですよね。下からのアングルはやめて欲しいなど、自分が希望するアングルをあらかじめ伝えておくことが重要です。
3、撮っておいて欲しいシーンが撮れてない。
結婚式が始まってからでは、カメラマンさんに写真お願いしますと頼む暇などありません。これだけは絶対にはずせないシーンは、式の前にきちんと頼んでおくのが正解です。
また、友達とのショットをたくさん撮って欲しい、ゲストの様子もたくさん撮って欲しいなど、細かい指摘をしておくと失敗しません。意外と見過ごしがちな結婚写真の失敗ですが、後に残る分、失敗すると後悔も大きいです。きちんと準備して、最高の結婚写真にしたいものですね。

更新情報

靴

思い出の結婚写真

私は数年前に東京で結婚式を挙げました。神社で和装の神前式を希望していました…

»readmore
結婚指輪

意外と知らない!結婚写真の失敗例

人生で1番と言っても過言ではないイベントである結婚。結婚式の会場や衣装には…

»readmore
花嫁

結婚写真が良いといわれる裏の理由

結婚写真はやっぱり撮っておくべきでしょう。たとえ何らかの事情で結婚式をしな…

»readmore
結婚指輪をつける花嫁

一世一代の大舞台を残す結婚写真

2016年3月に東京で結婚式を挙げました。カメラマンの方に結婚写真の撮影に…

»readmore